syung@style

いいトコ撮り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

まほう

IMGP0213s.jpg
photo:まほう
PentaxK10D,smcPENTAX-DA18-55mm<55mm>,1/125,F8.0,ISO100


普段見ているドラマでも映画でも、音を出さないで見てみて下さい。
面白くなくなりますよね?セリフも聞こえないのでは当然ですが。

では「音楽」だけがスッポリ無いとどうでしょうか?
そういう状況で映画を見るのはちょっと難しいですが、
特に怖いシーンなんかだと分かりやすいかも。

ちょっと古いですが、スピルバーグ初期のヒット作「ジョーズ」に
ジョン・ウィリアムスの有名なあの怖いテーマ曲が付いてなかったら?

逆に、タイタニックの感動のラストシーンが…無音…だったら?

お分かり頂けますでしょうか?

そうなんです。
映像作品で「感情」を表現しているのは「音楽」なんです。
怖さも感動も「音楽」によって演出されている事がすごく多い。

また他にも、誰にでも1曲は「泣ける」曲とかあるのではないでしょうか?
歌詞による事もあるかもしれませんが、曲が付くことでその意味に
「感情」という情報が付加されて、泣ける…。

要するに目から入ってくる情報よりも、耳から入ってくる情報の方が
人間の感情に深く結びついているという事ですよね。

僕はしばらくデジタル写真集にBGMをつける仕事をしていた事が
あるのですが、まさに「感情屋」とでもいうのでしょうか?

「音楽」により写真に「感情」をつけて「ストーリー」を語らせる。

僕にとって音楽とはそういう魔法のようなすばらしいものです。
これからいろんな事をやると思いますが、たぶん根底はずっと音楽。

やっとミュージシャンらしいブログになりました(笑)
WACCAでそんな自分の楽曲の一部を公開しました。
シンセとオーケストラによる"癒し系"の楽曲です。
ぜひ、聴いてみてくださいね。
  ▼ ▼ ▼

wacca
http://wacca.tv/a/syunga/


(携帯の方、聞けなくてすみません。)
スポンサーサイト

2007/02/22/Thu 20:07:42  Music/Comment:0/TrackBack:0/
new はる / MAIN / いっしゅん old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://syungapro.blog92.fc2.com/tb.php/16-4ddb918b


MAIN
copyright © 2006 syung@style. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。